振られても諦めない男性の心理は?本当に好きなのか・その先の未来は

別れ

男性から告白されて断ったとしても、なかなか諦めてくれない人っていますよね。

中には、「今はまだ自分の魅力に気付いていないだけだ」「あなたを幸せにできるのは自分だけだ」としつこいくらいにアプローチしてくる人もいます

このように、振られても諦めない男性の心理とは、一体どのようなものなのでしょうか?

また、振られても諦めない気持ちは素晴らしいですが、ただ単に相手に執着しているだけだったり、諦めがつかない状態になっている場合には、引き際を知ることが重要です。

そのためには、自分が本当に相手のことが好きであるのかを問いかける必要があります

ここでは、振られても諦めない男性の心理などについて、詳しく見ていきたいと思います。

また、好きな女性に対する自分の気持ちを確かめて、引き際を見極めるためのポイントなどについても一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

 

振られても諦めない男性は、女性からどう思われている?

好きな人に振られても諦められないという気持ちは、性別関係なく抱くものです。

もちろん、振られたけどまだ相手のことが好きだという男性も存在します。

しかし、中には、何度告白を断ったとしても、鉄の心を持ったのではないかと言わんばかりにアプローチをしてくる人もいますよね

そんな男性の心理について触れる前に、まずは、女性からどう思われているのかを把握しておきましょう。

告白を何度断っても、男性からしつこくアプローチをされるのは、正直うざいです。

もっと現実的に言うと、相手との関係性によっても、アプローチに対しての捉え方や感じ方は微妙に異なるのですが、大抵の場合は不快に感じるものです。

特に、相手が「あなたのことは恋愛対象として見られません、ごめんなさい」とはっきり断っているのに、何度もアプローチをすれば、女性からドン引きされるのは目に見えています

それまでは、良い人だという印象を抱かれていたとしても、引き際を把握せずにがっついてしまうと、好感度は一気に下がってしまいます

相手からの自分に対する好感度が下がっているのに、アプローチを続けてしまうと、さらに好感度を下げてしまい、最終的には嫌われてしまう可能性さえあります。

そんな最悪な結果を招かないようにするためにも、振られた後は潔く身を引いて、相手に再度アプローチするための自分磨きを徹底するようにしましょう

 

 

 

 

 

振られても諦めない男性の心理について詳しく解説!

ここでは、振られても諦めない男性の心理などについて、詳しく見ていきたいと思います。

振られても諦めない男性の心理とは?

振られても諦めない男性の心理とは、以下の通りです。

  • 運命の人だと思っている
  • 自分が欲しいものは絶対に手に入れる主義である
  • いつかは振り向いてくれると期待している
  • 相手に執着している
  • 意地を張っていて、諦めるタイミングを逃した

それでは、それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

運命の人だと思っている

好きな女性を運命の人だと思っていると、振られても諦めない強い気持ちが芽生えるようです。

運命の人だと信じている場合には、「今は無理でも、運命の人だから自分のところに来てくれるはず」「あの人には自分だけだし、自分にとってもあの人だけ」という考えの持ち主です

また、女性のありのままを好きだというよりは、容姿または性格の一部が自分の理想に合っているだけで、その人の全部が自分の理想に合っていると勘違いしている場合が多いです。

この考えを覆すためには、理想と現実のギャップを理解させて、運命の人などいないことを自覚させることが重要です。

自分が欲しいものは絶対に手に入れる主義である

自分が欲しいものは絶対に手に入れる主義である人は、好きな女性に振られたとしても諦めるという選択肢はありません。

確かに、「諦めなければ必ず報われる」という言葉があるように、自分自身が諦めなければ、良い結果に結びつくこともあるかもしれません。

しかし、恋愛関係は相手があって初めて成立するものなので、引き際が悪いと、相手からの印象はさらに悪くなってしまう可能性もあります

本当に相手のことを想うのであれば、諦めることも大切であることを自覚して、引く時はしっかり引くことが重要です。

いつかは振り向いてくれると期待している

好きな女性に対して、いつかは振り向いてくれると期待している人も、諦めずに待ち続けることが多い傾向にあります。

相手からの好感度もあり、交流もそれなりにある状態で振られたのであれば、今後の行動次第では振り向いてもらえる可能性はあるでしょう。

しかし、相手からの好感度も低く、交流がほとんどない状態で振られたのであれば、相手から振り向いてもらえる可能性は低いですよね

また、いつかは振り向いてくれると期待する傾向にある人は、自分自身で努力をせずに、相手が自分を好いてくれるのを待つ傾向にあります。

自分自身に自信があったとしても、振られた自分を好いてくれる可能性はほぼありません

相手を振り向かせたいのであれば、相手から好かれる自分になるために、自分磨きを欠かさずに行うことが重要です

相手に執着している

相手に執着している場合にも、告白して振られても諦めない傾向にあります。

好きな女性に執着している男性は、上記に紹介した「運命の人だと思っている」「自分をわかってくれるのはあの人だけだ」という固定観念に縛られている可能性が高いです。

この執着が酷くなってくると、何度告白を断っても、しつこく言い寄ってきたり、ストーカー化してしまう場合があります

自分に自信を持つことができない人が相手に執着しやすい傾向にあるので、自分磨きを徹底して、自分の時間を充実させるようにしましょう。

意地を張っていて、諦めるタイミングを逃した

男性の中には、自分が振られたことがショックで、諦めるタイミングを逃してしまう人もいます。

特に、プライドが高い男性は、好きな女性から断られたことを受け入れられない気持ちから、意地を張ってしまう傾向にあります

本当は諦めた方が良いことは頭ではわかっていても、プライドや意地から引き際がわからなくなってしまっているわけですね。

しかし、自分自身でもタイミングを逃したと自覚しているのであれば、自分の時間を充実させるようにすれば、いつでも諦めるタイミングを作ることができます。

そのため、諦めるタイミングを逃したと思っている男性の方は、自分で区切りの良いタイミングを作って、気持ちの面でもすっきりさせてしまいましょう

 

好きな女性を諦めるべきタイミングの見極め方は?

好きな女性を諦めるべきタイミングの見極め方は、以下の通りです。

  • 相手と普通に会話ができる関係ではない
  • 連絡をしても無視されている
  • 友人関係を維持することが厳しい状態である
  • 男性としての魅力が感じられないと言われた

それでは、それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

相手と普通に会話ができる関係ではない

相手と普通に会話ができる関係ではない場合には、そもそもとして、相手との関係性を築くことができていない状態ですよね

告白をして振られた時に、「友達としての関係で良ければ」と言われたのであれば、まだ望みはあるかもしれません。

しかし、振られた後も関わりを持つことを拒否されてしまった場合や、普通に会話をすることが厳しい状態であれば、諦めるべきタイミングだといえるでしょう。

連絡をしても無視されている

告白をして振られた後、連絡をしても無視されている場合には、諦めるべきタイミングといえます。

特に、今までは普通に連絡を取り合うことができていたのに、告白をして振られた後に、連絡を無視されるようになってしまったのであれば、望みはありません

むしろ、友達として連絡を取り合うことも嫌だと思われている可能性が高く、ここで引かないと迷惑行為だと判断されるかもしれないので注意しましょう。

友人関係を維持することが厳しい状態である

友人関係を維持することが厳しい状態である場合にも、諦めるべきタイミングといえます。

連絡をしても無視される場合はもちろんですが、返事が一言二言と短文だったり、会話があまり成立しない場合にも、友人関係を維持するのは厳しい状態であるといえるでしょう

また、会ったとしても目を合わせてもらえなかったり、話しかけても素っ気なかったりする場合も同様に、友人関係を維持するのは厳しい状態であるといえます。

友人関係を維持することが厳しい=関わりを持つこと自体を嫌がられている可能性が非常に高いので、潔く諦めた方が好印象を与えることができます。

男性としての魅力が感じられないと言われた

男性としての魅力が感じられないと言われた場合にも、諦めるタイミングといえます。

恋愛対象になれる男性像は人によって異なるものの、男性としての魅力が感じられないと断られた場合には、女性の恋愛対象には入っていないと断言されたわけです

それなのに、自分には望みがあると勘違いしたり、今は無理でも絶対に振り向いてもらえるはずとしつこくアプローチを続けると、恋愛対象からは確実に遠のきます。

好きな女性が求めている男性像になりたいのであれば、一度距離を置いて、共通の友人などからリサーチして、努力次第で近づけるものなのかを確認しましょう。

もし、努力次第で近づけるものでないと判断できるのであれば、潔く諦めるようにしましょう。

 

 

 

 

 

相手にばかり期待せず、引き際もしっかり見極めよう!

振られても諦めないという気持ちを抱くことは、決して悪いことではありません

むしろ、一度告白を断ったとしても、その強い気持ちに心を打たれて、成立しているカップルが大勢いることも事実です。

しかし、上記に挙げたように、何度振られても諦めない精神の持ち主は、相手にばかり期待して、自分を押し付けている人が多い傾向にあります。

恋愛を成就させるためには、相手に対する思いやりや気遣いの気持ちは必要不可欠です

そのため、相手にばかり期待するのではなく、相手の気持ちも考えて、引き際がきたら潔く身を引くことができる度胸を持つようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました