同棲間取りおすすめなのは1LDK・2LDK?うまくいく2人には

同棲

同棲を考えた時に、一番楽しいのが物件を探す時だと思います

二人で暮らしているところをイメージしながら、どんな間取りが良いのかを考えますよね。

実は、同棲の間取り選びを間違えてしまうと、同棲後に後悔してしまうことも少なくありません。

楽しみにしていた恋人との同棲なのに、間取り選びを間違えて、関係が悪くなって解消することになるのは悲しいですよね

どんな間取りを選ぶようにすれば、同棲生活を充実させることができるのでしょうか?

ここでは、同棲におすすめの間取りについて、詳しく見ていきたいと思います。

また、1LDKと2LDKのどちらがおすすめなのかについても、一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

 

同棲の間取りはどうやって決めればいい?

同棲の間取りはどうやって決めればよいのでしょうか?

具体的なポイントについては下記で詳しくご紹介しますが、意外と盲点なのが、間取り図で見た広さと体感的な広さは違うという点です

そのため、間取り図は理想通りでも、実際に内見に行ってみると、イメージしていたものと違うということがあるわけですね。

もちろん、コンセントの位置や個数、設備の使い勝手が良いかどうかなど、確認しておくべき点はたくさんあります。

同棲をうまくいかせるためにも、二人で暮らす物件の内見は絶対に行うことが重要です

また、予算によっても、希望通りの間取りが選べるかどうかは変わってきます。

予算にあまり余裕がない場合には、1LDKくらいで探す方が無難といえますが、どうしても2DKほしい!という場合もありますよね。

その場合には、立地条件を変えてみたり、家賃相場を少しだけ上げてみたり、妥協してみると案外見つかることもあります

中には、築年数はそれなりに経っていたとしても、リフォームされて綺麗になっている物件などもあります。

希望通りの間取りを予算内で見つけることができる可能性が大幅に上がるので、意識して探してみましょう

 

 

 

 

 

同棲におすすめの間取りとは?メリットを詳しくご紹介!

ここでは、同棲におすすめの間取りについてご紹介します。

それぞれの間取りのメリットとデメリットについても触れているので、詳しく見ていきましょう。

同棲の間取りを決める時に重視するべきポイントは?

同棲の間取りを決める時に重視するポイントとは、以下の通りです。

  • 必要な広さがあるかどうか
  • お互いの部屋が必要かどうか
  • 部屋の設備は使い勝手が良いか
  • 家具・家電が望み通りに配置できるか
  • 収納スペースが十分にあるかどうか

それでは、それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

必要な広さがあるかどうか

上述しましたが、間取り図で見た広さと体感的な広さは違うことは多々あります。

1DKの物件でも、キッチンが帖数の中に含まれているため、間取り図で見た広さよりも狭く感じることがあります。

そのため、内見に行った時に「あれ?もう少し広いと思っていたのに」「なんかイメージしていたのと違う」ということがあるわけですね

自分の中でのイメージと、実際の物件の広さを比較検討して、理想通りの間取りを探すためにも、内見は絶対に行きましょう。

お互いの部屋が必要かどうか

事前に、お互いの部屋が必要かどうかは話し合っておく必要があります。

一緒に住んでいると、喧嘩して「相手の顔なんか見たくない!」と感じることもありますよね。

そんな時、間取りが1DKもしくは1LDKだと、どうしても顔を合わせてしまいます。

そうなると、実家に帰るか、友人の家に泊まるか、ホテルに泊まるか、方法はいろいろあれど、外に出ないといけなくなりますよね

また、一人の時間もほしいという場合には、自分の部屋があった方が快適に過ごせます。

お互いの要望に合うように、しっかりと話し合って決めることが重要です。

部屋の設備は使い勝手が良いか

部屋の設備の使い勝手が良いかどうかは、事前に確認しておきましょう。

具体的に確認しておきたい点は、以下のようなものになります。

  • コンロは何口あるか
  • 風呂・トイレは別かどうか
  • キッチンに十分な収納はあるか
  • 洗面台に十分な収納はあるか
  • 洗濯機が屋外なのか屋内なのか
  • ベランダはあるか
  • 湯沸し器はあるか
  • 浴室乾燥機はあるか

最近では、賃貸サイトに部屋の設備について事細かに記載されているほか、実際の様子も写真で確認できますよね

生活スタイルは個人によって異なりますから、部屋の設備として「これはついていてほしい!」というものもあると思います。

また、部屋の設備の配置などによっても使い勝手は変わってくるので、事前に確認しておくことが重要です。

家具・家電が望み通りに配置できるか

意外と入居後に後悔するのが、家具・家電の配置問題だったりします。

部屋の間取りを見て、「ここにこの家具を配置して、この家電を置いて…」とイメージを膨らませるものですよね。

しかし、入居後にいざ配置しようとすると、家具の大きさが合わなかったり、コンセントの位置がずれていて配置できないといったことが起こりがちです。

延長コードを使えば家電は配置できるかもしれませんが、見た目が悪くなるため、できれば避けたいですよね

そのため、事前にコンセントの位置と個数は確認しておくようにしましょう。

家具・家電の大きさについては、内見の時に配置したいスペースの大きさを測っておくか、契約後に不動産屋さんに相談して計測させてもらうか、どちらかの手段をとると良いでしょう。

また、必要最低限のもの以外は入居後に大きさの合う家具・家電を購入することも視野に入れておくと、理想通りに配置できます

収納スペースが十分にあるかどうか

収納スペースが十分にあるかどうかも、事前に確認しておきましょう。

特に、女性の場合は、洋服だったり化粧品だったり、いろいろと荷物が多くなりがちですよね

断捨離をしたとしても、二人分となるとそれなりの収納スペースがないと荷物をしまうことができなくなるので、困ってしまうことになります。

そのため、収納スペースが十分にある物件を意識して選ぶことが重要です。

しかし、最初にちゃんと確認して選んだとしても、実際に入居してみると収納スペースが足りないという事態も起こりがちですよね

そんな時は、収納がついている家具を選ぶとスペースをとらずに荷物をしまうことができるので、有効活用するのがおすすめです。

 

同棲におすすめの間取りを詳しくご紹介!

同棲におすすめの間取りは、以下のランキング順になります。

  1. 2DK
  2. 1LDK
  3. 2LDK
  4. 1DK

それでは、それぞれの間取りのメリットとデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

【1位】2DK

同棲カップルに一番おすすめなのが、2DKです

2DKは、ダイニングキッチン(DK)と居室が2つある間取りのことをいいます。

同棲したとしても、「自分の部屋は絶対ほしい!」「一人の時間も大切にしたい!」というカップルに大人気の間取りです

それでは、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

・二人それぞれが自分の部屋を持つことができる
・1LDKよりも家賃が安い
・ダイニングキッチンはリビングとして使うには狭い場合が多い
・築年数が古い物件が多い

ダイニングキッチン(DK)は、リビングとして使うには狭い場合が多いです。

しかし、物件によっては、8帖くらいのダイニングキッチンがある場合もあります。

1LDKよりも安い家賃で、ダイニングキッチンも広めの方が良い場合には、いろんな物件を探してみることがおすすめです。

また、ダイニングキッチンは料理を行うのみで、一部屋をリビング、もう一部屋を寝室にする使い方もあります。

お互いにとって、どちらの使い方が良いかどうかを話し合って、納得のいく間取りの物件を探してみましょう

【2位】1LDK

同棲カップルに二番目におすすめなのが、1LDKです。

1LDKは、リビングダイニングキッチン(LDK)と居室が1つある間取りのことをいいます。

それでは、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

・リビングが広々としていて寛げる
・築年数が浅い物件が多い
・部屋の設備が充実していることが多い
・2DKよりも家賃が高い
・収納スペースが少ない
・一人になれる部屋がない

1LDKの場合、キッチンを含めて広い空間が確保できるのが特徴です。

そのため、リビングとしてダイニングテーブルとソファーを置いて、寛ぐことができます

しかし、2DKと比べると、築年数が浅く、設備が良い物件が多いため、家賃が高くなる傾向にあります。

家賃を安く抑えたい場合には、1LDKよりも2DKを選ぶことが多いわけですね。

また、収納スペースについても、2DKよりも少なくなる場合があるため、二人分の荷物がしまえる収納スペースがあるのかも事前に確認しておきましょう。

【3位】2LDK

同棲の初期費用に余裕がある場合におすすめなのが、2LDKです。

2LDKは、リビングダイニングキッチン(DK)と居室が2つある間取りのことをいいます。

それでは、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

・全体的に広く、十分なスペースがある
・部屋の設備が充実している
・家賃がかなり高い
・物件数が少ないこともある

2LDKは、二人以上で居住することを想定して作られているため、1LDKよりも全体的にスペースが広いのが特徴です

2DKとは異なり、キッチンも広々としている上に、居室も2つあるため、それぞれで自分の部屋を確保することができます。

また、同棲後に結婚したとしても、一部屋を寝室、もう一部屋を子ども部屋にすることもできるので、長く住み続けられるところもメリットの一つです。

しかし、1LDKや2DKよりもはるかに家賃が高いため、収入に余裕がない場合には、どちらかが失業してしまうと支払いが苦しくなってしまいます

相手と別れてしまうリスクを考えると、よほど収入に余裕がない限りは、家賃的にも1LDKか2DKを選んでおいた方が無難かもしれませんね。

【4位】1DK

同棲の初期費用を大幅に安く抑えたい場合におすすめなのが、1DKです。

1DKは、ダイニングキッチン(DK)と居室が1つある間取りのことをいいます。

それでは、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

・家賃が安い
・初期費用が安い
・部屋全体がかなり狭い
・収納スペースが少ない
・一人になれる部屋がない

1DKの場合、家賃も初期費用も安く抑えることができるのが特徴です。

そのため、収入面に余裕がない状態で、同棲を始める場合におすすめの間取りになります

しかし、部屋全体がかなり狭くなってしまうため、一人になれる部屋もなく、相手とずっと一緒に過ごすことになります。

相手と喧嘩をしてしまった場合には少し気まずいかもしれませんが、仲直りできる時間も早くなることを考えると良いのかもしれませんね

また、収納スペースもかなり少なくなり、最悪の場合は1つしかないこともあるので、事前にしっかりと把握しておきましょう。

 

 

 

 

 

同棲の間取りは予算に合った条件の物件を探して決めよう!

同棲の間取りは、予算によって選べるものが異なります。

同棲の間取りとして、おすすめと言われているのは1LDK、もしくは、2DKになります

部屋の広さ、部屋の設備、収納スペースなどを総合的に判断した上で、二人にとって最適な間取りを話し合って決めるようにしましょう。

また、間取り図で見たものと、実際に内見をした後では、体感的な広さや家具・家電が配置できる場所等も異なります。

二人にとって理想通りの部屋にするためにも、上記を参考に間取りを確認して、自分たちにとって条件の良い物件を探しましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました