同棲間取り2ldkがベスト?二人暮らしの理想の生活スタイルを目指そう!

同棲

同棲する時の間取りとして、一番おすすめだと言われているのが2ldkです。

しかし、実際に物件を探してみると、2ldkの家賃の高さに驚くと思います

お互いの収入状況に余裕がない状態であれば、2ldkではなく、1ldkもしくは2dkを選ぶ人も多いですよね。

同棲する時の間取りとして、1ldkも確かにおすすめなのですが、そもそも、なぜ2ldkが一番おすすめだと言われているのでしょうか

その理由は、二人の理想の生活スタイルを叶えやすいだけではなく、結婚後にも役立てることができる間取りであると言えるからです

ここでは、同棲の間取りとして2ldkが最適な理由などについて、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

同棲の間取りにベストなのは1ldk?それとも2ldk?

念願の同棲を始めるとしても、まず、思い悩んでしまうのが部屋の間取りですよね

同棲の間取りにベストだと言われているものとして、1ldkと2ldkが挙げられていますが、ぶっちゃけどっちが良いのでしょうか?

結論から言えば、同棲の間取りにベストだと言えるのは、二人の理想の生活スタイルが叶えられる間取りを選ぶことです

例えば、「料理が好きだし、リビングは広い方が良い」「寝室と仕事部屋に分けたい」等の要望がある場合には、2ldkがおすすめです。

「別にリビングは広くなくてもいいけど、自分の部屋はほしい」等の要望がある場合には、2dkがおすすめです。

「リビングは広めで、寛げるスペースがあれば十分」「あとは寝室だけでいい」等の要望がある場合には、1ldkがおすすめです。

このように、二人の理想の生活スタイルが叶えられるかどうかによって、おすすめの間取りは変わってくるのが現状です。

あとは、お互いの収入状況によって、家賃をいくらに設定するか立地条件や部屋の設備などの条件を下げるか、調整するわけですね

お部屋探しを妥協したくないのであれば、条件を変更して、視野を広げて探すようにすると、二人の理想のお部屋が見つかる可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

同棲に2ldkが最適な理由を詳しくご紹介!

ここでは、同棲に2ldkが最適な理由などについて、詳しく見ていきたいと思います。

同棲に2ldkが最適な理由とは?

同棲に2ldkが最適な理由とは、以下の通りです。

  • お互いのプライバシーを確保することができる
  • キッチン・リビングが広いので寛ぐことができる
  • 生活リズムの違いに対応できる
  • 喧嘩した時にも逃げ場がある
  • 子どもができてもそのまま住める

それでは、それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

お互いのプライバシーを確保することができる

カップルといえども、お互いのプライバシーは確保したいですよね。

お部屋が一続きになっている1dkや1ldkであれば、自分の時間を確保することも難しくなるため、プライバシーを確保することも難しくなってしまいます。

また、収納スペースが少ないため、恋人に見られたくないものまで見られてしまう可能性があるので、管理には注意が必要です

しかし、2dkや2ldkになれば、お互いに自分の部屋を持つことができ、収納スペースも多くなるため、これらの心配がなくなります。

適度な距離感とプライバシーを確保しながら生活できる方が、結果的には、良い関係を長く維持することができるでしょう

キッチン・リビングが広いので寛ぐことができる

キッチン・リビングが広いのも、2ldkの魅力の一つです。

自分の部屋を持つことができる上に、リビングルームも10帖くらいあるので広々としています。

テレビとテーブル・ソファーを置いて、ダイニングテーブル・チェアを置いても余裕なくらい広いので、リビングで寛ぎたい方には非常におすすめです。

また、キッチンも広々としており、収納スペースも多いため、料理好きの方にはたまらない間取りではないでしょうか

生活リズムの違いに対応することができる

仕事によっては、出勤時間が大幅に異なることもあると思います。

出勤時間が違っても、朝起きる時間が一緒であれば問題はありませんが、朝8時出社と朝10時出社では、朝起きる時間帯も違いますよね

そんな時は、各自で身支度して、ご飯を食べて、といった生活になると思います。

1dkや1ldkだと、片方が身支度している音がうるさく感じて、思うように眠れないなどのトラブルが起きがちです。

しかし、2ldkだとそれぞれのスペースが広々としているため、片方が身支度をしていても、音がうるさく感じることもありません。

それぞれの生活リズムが大幅に異なる場合には、2ldkが非常におすすめです

喧嘩した時にも逃げ場がある

恋人とずっと一緒にいると、お互いの価値観や考え方の違いが目につくようになります。

時には、相手の言動や行動にイラついて、喧嘩してしまうこともあると思います。

相手と喧嘩してしまった時は、顔を合わせるのも嫌になりますよね

そんな時、2ldkであれば、お互いに自分の部屋に逃げることができるので、喧嘩して苛立っていた気持ちを静めることができます。

気持ちを落ち着かせることができれば、冷静に話をすることも可能になるので、結果として、仲直りが早くなるわけですね。

そういう意味でも、2ldkの方が、お互いに良好な関係を築きやすいといえるでしょう

子どもができてもそのまま住める

特に、結婚前提に交際しているカップルに2ldkがおすすめだと言われている理由が、「子ども部屋を作ることができる」という点です。

2ldkだとキッチン・リビングも広い間取りになっているため、子どもができても過ごしやすい空間になっています。

また、入居時には自分たちの部屋にしていたものも、結婚後は一部屋を寝室、もう一部屋を子ども部屋にすることも可能です。

このように、結婚して子どもができたとしても、引っ越す必要がないという点も2ldkが人気である理由の1つです

 

2ldkに同棲している人のメリット・デメリットとは?

実際に、2ldkに同棲している人が感じているメリット・デメリットとは、一体どのようなものなのでしょうか?

それでは、詳しく見ていきましょう。

2ldkに住むメリットは?

2ldkに住むメリットは、以下の通りです。

  • 自分の時間を確保することができる
  • 仕事などで生活リズムが違っても苦にならない
  • 部屋を柔軟に変えることができる
  • 収納スペースが広い

2ldkに住む一番のメリットは、やはり、自分の時間を確保することができる点です

それぞれの部屋を用意することができると、仕事などで生活リズムが違っていても、それほど影響を受けないので苦にならないのも良いところですね。

また、カップルが結婚して子どもが生まれた場合にも、2ldkであればリビングでも十分に寛ぐスペースを確保できるので、部屋を柔軟に変えることができます

収納スペースが多く、二人分の荷物を余裕で収納することができる点も、メリットといえます。

2ldkに住むデメリットは?

2ldkに住むデメリットは、以下の通りです。

  • 家賃が高くて、失業・転職すると家計が苦しくなる
  • いざ住んでみると、部屋が余ってしまう
  • 大喧嘩した時の仲直りが難しくなる

2ldkに住もうと思うと、家賃が高いという面がデメリットとして挙げられます。

立地条件や部屋の設備などによっては、2ldkでも1ldkくらいの価格で借りられる場合もありますが、そういった部屋の空きは少ないのが現状です

そのため、片方のどちらかが失業・転職してしまうと、家計が苦しくなってしまうのが、一番困るポイントといえるでしょう。

また、2ldkは部屋が広いため、実質的にリビングで過ごす時間が増え、あともう一部屋は二人の寝室にしたので部屋が余ってしまう場合もあるようです。

それぞれの部屋を確保できるのが2ldkのメリットですが、大喧嘩をしてしまうとどちらも部屋から出ずに、ずっとすれ違う状況が続いてしまう原因にもなります。

同棲解消で別れないようにするためにも、お互いに歩み寄る心を持つことが重要です

 

 

 

 

 

将来を見据えて、2ldkで理想の生活スタイルを目指そう!

2ldkの魅力は、キッチン・リビング・居室・収納のすべてにおいて、スペースが広いことです。

キッチン・リビングでのんびり過ごしたい、料理を思いっきり楽しみたいという人にもおすすめですし、自分の部屋を持ちたい人にもおすすめです

また、自分の部屋として使っていた部屋を、その時々に応じて、柔軟に部屋を変更することができます。

子どもができた時にも、自分たちの部屋だった一部屋を子ども部屋にすることも可能になるため、引越しをしなくても済むのは非常に楽ですよね。

このように、二人暮らしの理想の生活スタイルを目指すためには、2ldkが非常におすすめなので、皆さんも、ぜひ候補に入れて探してみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました